国交省の肝いり案件!建設キャリアアップシステムの登録者数は増えてるの?外部連携はどうなってるの?

一般財団法人建設業振興基金(CCUS)が提供している「建設キャリアアップシステム」をご存じでしょうか。本システムは「建設業と技能者を支える新しいシステム」として、2019年の4月より本運用が開始している国交省の肝いり案件(運営元のCCUSは元々は国交省所管の財団法人)です。

建設キャリアアップシステムの公式アプリが「建レコ」という名称であり、この「建レコ」の名前で知っている方も多いことでしょう。このシステムまたは建レコで建設業に従事する技能者(職人など)の就業管理を行い、キャリアアップを支える仕組みです。

本記事ではCCUSの建設キャリアアップシステム(建レコ)はどのようなものなのか、登録者数は増えているのか、外部システムとの連携はどのようになっているのかなどを解説していきます。

CCUSの建設キャリアップシステムとは?

CCUSの建設キャリアアップシステムに技能者が登録するとカードが発行されます。そのカードを建設現場で働く際に建設キャリアアップシステム対応のカードリーダーや建設キャリアアップシステムに連携しているシステムにかざします。すると自動的に技能者の方の就業実績として、データで蓄積される仕組みです。

技能者の方の就業履歴が蓄積されていくと、仕事発注者に「これだけの就業履歴・キャリアがあります」とアピールになります。これまでは、目に見える資格などを取っていたら分かりやすいアピールになりましたが、資格を取っていない方は実力を可視化できませんでした。建設キャリアアップシステムや建レコの普及により実力ある職人が正当な評価を得る世界が実現します。

また仕事発注側もデータをもとにその技能者に適した仕事を頼めるので、相思相愛のマッチングにつながり、建設業界全体のキャリア支援につながる取り組みです。

国土交通省はこの建設キャリアアップシステムのプロジェクトを成功されるべく多額の開発費を投じてサービスを開始しました。サービスの本運用から一年以上が経過しましたが、現状どのくらいの事業者、技能者がCCUSの建設キャリアアップシステムを導入しているのか次から見ていきたいと思います。

建設キャリアアップシステムの普及速度は?どのくらいの登録者数がいるの?

CCUSの統計情報をもとに(https://www.ccus.jp/)を参考に筆者作成

現状、建設キャリアアップシステムに登録している技能者と事業者はどのくらいいるのでしょうか。上グラフがCCUSが発表しているデータをまとめたものです。さすがは国交省の肝いり案件で右肩上がり顕著に上昇しているのが分かります。技能者の登録者数は月平均で約2万人ほど上昇しています!

しかし、この普及速度は順調とは言えません。CCUSは本登録開始から五年後、つまり2023年3月までに建設業界のすべての技能者の約330万人の登録を目指しています。この目標から逆算すると、登録者数の上昇のペースは大幅に遅れていると言わざる負えません。

CCUSも焦っているのか、2020年4月からは外国人技能者の建設キャリアアップシステムへの登録を義務付けました。国の肝いり案件ですから今後さらなる登録社数増への施策を用意しているかもしれません。今後の動きに注目です。

CCUSの建設キャリアアップシステムの外部システム連携の現状は?

建設キャリアアップHP(https://www.auth.ccus.jp/p/certified)参考に筆者作成

CCUSの建設キャリアップシステムは普及の速度を速めるため、民間システムとのAPI連携を進めています。2020年11月現在で、公式アプリの「建レコ」を除き、CCUSが建設キャリアアップシステムとのAPI連携を認めているシステムは8つです。ジャンルも施工管理アプリから、出退勤管理アプリまで様々です。

業界的には、「グリーンサイト」との連携が開始したことで利便性が向上したとの声が多いようです。「グリーンサイト」は建設業界の大量の書類(特に労務安全管理系の書類)がクラウド上で簡単に作成・管理できるサービスで多くの現場で使われています。建設業界の方なら一度はいいたことあるサービスでしょう。

この「グリーンサイト」の入力情報とCCUS建設キャリアアップシステムの登録に必要な情報が似ています(現場契約情報や毛交代制の情報、就労履歴情報)。すでに多くの方がグリーンサイトを使っていますので、本システムからCCUSに上記の情報を送付することで建設キャリアアップシステムへの登録が簡単になる仕組みです。

またそれぞれのアプリに対応したカードリーダの開発も民間との共同で進められています
公式アプリの「建レコ」に対応するカードリーダは現在4つ販売しています。建設キャリアアップシステムとAPI連携している他のサービスやアプリもそれぞれ独自のカードリーダを用意しています。

CCUS建設キャリアアップシステムの外部システムAPI連携は今後も進むか?

建設キャリアアップHP(https://www.auth.ccus.jp/p/requirements)参考に筆者作成

CCUSの建設キャリアアップシステムと民間のシステムとのAPI連携は今後も進むと予想されます。国交省の元、急ピッチで同システムの普及が進んでいますので、他の施工管理アプリや、勤怠管理アプリとの連携が進むと見込まれます。もしかしたら、施工管理アプリや勤怠管理アプリが建設キャリアアップシステムと連携していなければ時代遅れというときが来るかもしれませんね。

CCUSは今のところ常時API連携を目指す民間システムを募集しており、募集要項には募集対象システムとして以上を明記しています。単なる勤怠管理システムとの連携だけでなく建設業界の幅広いジャンルのシステムと連携されることが期待されます。

公式アプリの建レコが多く現場に普及するのか、それとも民間との連携で裏側のシステムとして建設キャリアアップシステムが大きく利用者数を伸ばすのかも今後の注目となりそうです。

CCUS建設キャリアアップシステムは建設業界の改革につながるか

システムの普及に成功すれば建設業界の改革につながるのではないでしょうか。とある建設会社の専務は「建設キャリアアップシステムの導入で、建設業界の職人の働きやすさがかわり、業界の活性化につながる」と明言されていました。

労働力の減少やオリンピック特需の終焉で暗いと思われがちな建設業界ですが、CCUSの建設キャリアアップシステムが改革の目玉となるかもしれません。そのためにまずはシステムへの登録者数、建レコ利用者数を増やすことが先決です。