SDGs
(持続可能な開発目標)とは

SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALSSUSTINABLE DEVELOPMENT GOALS

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

※外務省のホームページにSDGsの概要や日本企業の取り組みなどが記載されています。(外務省HPの詳細はこちら

LDB X SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALSLDB X SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALS

ランドデータバンクは、「世の中の安全と成長を支える建設業界においてICT テクノロジーを駆使した金融サービスのNo1プラットフォーマーとなること」をビジョンとしています。

このビジョンをもとにランドデータバンクでは、国連の提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、世界の課題解決に向け、社員全員が働きやすい環境づくりを徹底し、次世代金融プラットフォームを提供することにより建設業を通して、持続可能な世界を目指すための貢献をしていきたいと考えております。

ランドデータバンクは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
主に下記の4つの目標を掲げてSDGsに取り組んでいます。

※ディーセント・ワークとは、「働きがいのある、人間らしい仕事」のことを指し、1999年に開かれた国際労働機関(ILO)の総会で初めて使われました。仕事が単なる労働ではなく、人間としての生活や権利を守るものとなるような意味が込められています。

ランドデータバンクの
具体的な取り組み

01新たな金融サービスによる
社会・産業の構築

立替決済サービスで事業拡大と
再生可能エネルギーの促進
SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALSSUSTINABLE DEVELOPMENT GOALS

ランドデータバンクは、建設会社向けに工事代金の立替決済サービスの提供を行っております。建設建設業界ではICT導入の推進を行う一方で、工事着手時の初期コスト負担が課題でした。
本サービスの利用により、工事資金の持ち出しを押さえ、ICT施工への投資を可能にし、建設会社の事業拡大に寄与致します。

また、本サービスは太陽光発電工事を始めとした再生可能エネルギーに関わる工事を担う建設会社から多数の利用をいただいております。近年需要が高まる再生可能エネルギーにおいて、本サービスの利用により、資金繰りの改善を行い、工事を担う建設会社のさらなる工事受注の拡大を支援致します。

  1. 1太陽光発電等の再生可能エネルギー工事でのサービス利用
  2. 2立替決済サービスで建設業界のICTへの投資を支援
  3. 3建設会社の事業拡大に寄与

02テクノロジー(AI・ICT等)の力で
社会に貢献

建設業特化の「独自与信モデル開発」と「次世代金融プラットフォーム構築」
SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALSSUSTINABLE DEVELOPMENT GOALS

一般的な財務データによる与信に加えて、建設業に特化した要素や工事関連業務等が生み出す、ヒト・モノ・カネに関する各種データを積極的に活用し、各企業の財務力だけでなく、事業(工事)そのものを遂行する能力・実力を捉えた与信モデルを開発しています。

また、各種データの収集段階においても業界に関連する企業(建設会社、資材・協力会社、各アプリ・ソリューション事業者、金融機関)とパートナーシップを組み、連携して情報を収集するとともに、共通のデータ基盤とすることで、様々な企業が当社が構築する金融プラットフォームを活用できるエコシステムを目指します。

  1. 1建設業特化の独自与信モデル(初期与信・モニタリング与信)の開発
  2. 2各パートナー企業との金融プラットフォーム活用に向けた取り組みの実施

03パートナーシップによる
DX推進等の新たな価値を創出

金融機関、建設tech企業との連携による建設業界の活性化
SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALSSUSTINABLE DEVELOPMENT GOALS

ランドデータバンクは各金融機関とのパートナーシップを構築し、中堅中小建設会社に対しての資金ニーズ解消を実現致します。

また、ランドデータバンクは金融プラットフォームを提供するなかで、中堅中小建設会社に対してDX推進を図ります。依然としてアナログ文化、紙文化が残る建設現場においてDX推進を行うことにより、建設業界全体の生産性向上を図っていきます。DX推進の実現のために、優れたアプリ事業者や建設Tech企業とパートナーシップを築き、価値のあるDX化を目指していきます。

  1. 1京都銀行をはじめとする金融機関との業務提携開始(LDBお知らせ・京都銀行プレス
  2. 2建設Tech企業との事業連携、アプリ連携(LDBお知らせ・ブラニュープレス

04ディーセント・ワークの
実現

働きやすいビジネス環境の構築
SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALSSUSTINABLE DEVELOPMENT GOALS

ランドデータバンクでは、正社員、アルバイト、学生インターンなどの雇用区分や性別を問わず、社員一人一人が責任ある仕事を任されています。

また、「ハラスメント研修」を定期的に行うことで、多様な価値観を持つ社員が相互を尊重しあう文化を醸成しています。有給取得も奨励の上、年末年始、GW、夏休みなどは毎回1週間以上の長期休暇をとれるようにし、定期的にリフレッシュしながら働ける環境の構築に力を入れています。

  1. 1学生インターンの積極採用、女性の活躍推進
  2. 2ハラスメント研修(パワハラ、セクハラ)の定期実施
  3. 3有給取得、長期休暇の推進