ランドデータバンクが建設DXプラットフォームを提供するBRANU株式会社と業務提携契約を締結

中小建設業向けの金融サービスを提供するランドデータバンクはBRANUと業務提携契約を締結したことをお知らせします。2021年8月より、双方連携の上、お客様の課題に対して最適なサービスを提供いたします。

============

株式会社ランドデータバンク(代表取締役社長CEO:徳永順二、本社:東京都港区、以下「LDB」)は、2021年8月より、BRANU株式会社(代表取締役CEO:名富達哉、本社:東京都港区 、以下「ブラニュー」)と業務提携契約を締結したことをお知らせします。

LDBは、2020年9月に「建設業界向け、立替・決済サービス」をリリースし、2021年6月には登録社数300社突破しました。(登録社数は、建設会社、資材・協力会社の合計社数です)現在、土木・解体・建築・設備等を中心に、幅広い業種のお客様にご登録いただいております。

LDBのミッションは、「新たな金融プラットフォーム・サービスの提供により、日本の中小中堅建設事業者の生産性向上と成長を支援すること」です。中小中堅建設事業者の生産性向上のためには、業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)化が必要です。例えば、中小中堅建設事業者のバックオフィス業務を見ると、見積もり、受発注管理、出来高管理、請求管理等の多くが手作業で行われている現状です。LDBとしては、これらのバックオフィス業務を中心に、中小中堅建設業全体のDX化に寄与していきたいと考えています。

ブラニューは、「テクノロジーで建設業界をアップデートする。」ことを目的に、建設業の業務効率を向上させるクラウド型ワークマネジメントツール「CAREECON(キャリコン)」の開発を通じて、建設業界のDXを加速させるサービスを提供しています。ブラニューがLDBと業務提携契約を締結することで、建設事業者の課題に対して、双方協力の上、より最適なサービスをご提供できるようになります。

まず直近の取り組みとしては、ブラニューが運営する「CAREECON(キャリコン)」ユーザーの希望者に対してLDBの立替・決済サービスを提供していくことを予定しています。合わせて、LDBの立替・決済サービスの利用者の希望者に対してブラニューが運営する「CAREECON(キャリコン)」の各種サービスの提供を予定しています。

また今後連携をする中で、両者で建設DXを推進し、建設業の生産性・効率性を高めるソリューションサービスの開発・提供についても検討を進めます。

LDBでは現在、建設DXを推進する企業との連携を強化しています。LDBの取り組みに関心をお持ちいただけましたら、是非お問い合わせいただけますと幸いです。

 

【ブラニュー会社概要】

代表取締役CEO:名富達哉

本社所在地:東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木4F

設立:2009年8月18日

資本金 :7,103万円

事業内容:建設業向けデジタルトランスフォーメーション事業

URL:https://branu.jp

 

【ランドデータバンク会社概要】

代表取締役社長CEO:徳永順二

本社所在地:東京都港区新橋一丁目7番1号 近鉄銀座中央通りビル 2階

設立:2019年7月26日

資本金:14億円(資本準備金含む)

事業内容:建設業界における各種データを活用した金融分析プラットフォームの企画、開発、運用および事業化

URL:https://www.ldb.co.jp/

 

【サービス利用に関するお問い合わせ先】

フリーダイヤル 0120-577-525

営業時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

 

【広報・メディア掲載に関するお問い合わせ先】

広報担当 高橋、鈴木 03-4356-0100